母とか

最近はメンタル絶不調でしんどい日が続く。気圧のせい?季節の変わり目のせい?理由は分からないけど、対処療法で凌ぐしかない。

 

今朝見たツイートは、最近話題になっていたらしい「モテる女の子は〜」というもの。不機嫌な彼氏をご機嫌にする一言。私はピンとこなかったけど、世間で評価されてるということはたくさんの人にグッとくるセリフだったんだろうね。

そのながれで見たツイートが痛かった。「不機嫌は暴力」私もそれで、周りにだれもいなくなっちゃったから、とても理解できる。胸が痛い。

じゃあ、私が受けた傷も正当化されるのかな。キレ芸のお母さん。セルフネグレクトのお母さん。貧血と低血圧を放置して、いつも体調が悪いのに周りに頼るのが下手くそで、変わりに当たり散らしていたお母さん。別件でイライラしたのを子供に当たって「ごめんなさい」を言わせることで溜飲を下げていたお母さん。イライラするのは私のせいだ、という罪悪感を幼い私に植え付けたお母さん。でも、いつも思うのは、お母さんはかなりの毒親育ちで、妹との格差で苦しんだはずなのに、子供には優しく接しようと精一杯努力したんだなというのは分かっている。母ができなかったことを惜しげなく子供にさせてくれている、それは本当に有難い。

「変わってよ」も「傷を埋めてよ」も、もう無理なのだ。過ぎた過去は、もう過去なんだ。だから、傷ついちゃったことは、「苦しかったね」って自分に言ってあげて「でももう大丈夫だよ」って自分の力で回復していくしかないのだ。

 

お母さんに散々恨み辛みをぶつけたこともあるし、あと半年で家を離れるのだ。押し殺していたお母さんへの恨みをあの出来事をきっかけに自覚することができたし、必死に向き合ってお母さんも受け止めてくれて、傷も何だかんだ癒えてきたような気がしてさ。じゃあもうあとは周りと健康な関係を築くだけだね、なんてそう上手くもいかないけど、少しは前進してるよ、多分。

恨みを手放したいね。人と関わる喜びをもっと味わいたいね。押し潰してきたけど、人が怖いという思いと同じくらい人が好きという思いが私の中にあるんだよ。

広告を非表示にする