信頼

「今日は調子悪い」なんて思ったけど、実際は毎日調子が悪い。書くことで解消しようとするか、泣いて歯を食いしばって耐えるか、怒りとして外に向かうか、何も出来ずに鬱々と時間が流れるのを待つか。ただそれだけの違いだ。

 

また過ぎたことを思い出した。信頼されていなかった、安心感がなかった。それはお互い様だったのだ。遅かれ早かれ破綻していた。上手くいかないのは目に見えていたのに、自立する強さがなかった。いつ心変わりするか分からないものに、心の拠り所を求めた。私は弱かった。

ただ言えるのは、私が失敗して全部ぶち壊したわけじゃない。もともと破綻していた。それを、あれがきっかけで直視するようになっただけだ。魔法は解けてしまった。残酷だった。

 

苦しいのが、早くなくなりますように。薬を使ってでも、早く立て直すのが先。誰かに縋るなんてもうしない。そんなふうにまた考えるようになってしまった。ふりだしに戻った。悲しい。、

広告を非表示にする