変われるかなあ

卒業写真の前撮りをした。

最後にきちんと撮ったのは成人式の時。20歳の、責任感もなくて、今よりもっと人間関係に困っていて、あと4年続く学生生活に絶望していて、退屈していた私。でも笑顔はとても朗らかだったから、なんだかんだ幸せだったのだと思う。あの時から見た今の私はどうなんだろう?あの時考えていた24歳より、どう見える?私は、あの時考えていたよりも苦労してるよ、でも人間関係は不器用なままだよ。ずっと好きだった人と付き合ったけど、上手くいかなかった。でもね、すぐ好きな人を見つけたよ。あの頃の私が「絶対これだけは無いわ」と思っていた職を求めて就活してるよ。どう、びっくりする?それとも、さほど代わり映えないかしら。もっともっと変わっていて欲しかったかしら。

 

顔がね、すごく老けていてね。髪型を失敗したよ。でも別にいいよ。

 

 

一昨日、第一志望の一つだったところから不合格通知が来た。やっぱり、うん、残念だった。「必要とされる場所に行きたい」けれど「『上』と呼ばれる仕事に就きたい」も大きくて、私、残念な気持ちだよね。自分のことを大切にしたいけど、「どうして」みたいな、私はやっぱり能力ないのか、幸せになれないのか、とかそんなことばかり考えていた。

でもさ、「今の能力で勝負しようとするから上手くいかない。大切なのは、目標に向かって努力を継続すること。能力とかけ離れた夢を見て失望するのではなく、どれだけ成長したかに注目する」「努力することを目標にしない。必ず息切れするから。努力は幸せになるための手段」とか、そういう言葉を思い出すようにしているよ。

これはある人のLINE@の言葉なんだけどね。事業者であり、自己啓発本のようなことを言ってくれる。楽しくて、見ているとモチベーションが上がる人。出会えてよかった。

広告を非表示にする