立ち止まって、振り返って、

私は何に対して苛立ってるかと言われれば、まず家族や友人や恋人、はたまた同期や後輩、先生、それに加えて就活のグループディスカッションで同じ組だった人。ありとあらゆる他人に対して苛立ってる。

でもね、本当に?本当にそんなに沢山の人達が嫌いなの?と確認してみると、本当の問題は他人じゃない。私が、私のことを嫌っていて見下している。人間関係は鏡だと言うけど、その通りだと思う。自分の器の小ささが気になると、他人をこき下ろすようになる。嫌だなあ、ボロボロのくせに、ハリネズミみたいにトゲトゲした私。

結局、誰かに愛されたかった。今日友達と「付き合うなら、結婚するなら、器の大きい人がいい」という話をした。ボロボロの私を受け入れてくれる優しい人がいい。でも、今の私じゃ足りない。それが苦しい。

 https://signof.me/ch/saering/entry/348817

ブルベリーパイは美味しい。ただ選ばれないだけ。

私は選ばれない生き方を受け入れるべきだと思った。それこそ、幸せになる近道だと。

でもそうはなれないと、薄々気づいている。「誰かに選ばれたい」「必要とされたい」

選ばれるために、足りないものが沢山ある。私はそれを変えなければ。

変えたら、自分のこと好きになれる?幸せに生きたいよ。