私のために生きてくれる人なんていない

昨日はすごくすごく疲れた。予定を詰めすぎた。やらなければならないことを後回しにしてきたツケなんだけど。

誰も私のために生きてくれない。私は世界の中心ではない。私は誰かから与えられることばかり望んでしまうけど、誰も何も与えてくれない。与えてくれたとしたら、それは特別なことだから心から感謝する。人の好意はそういうものだ。好意をあてにして生きていくなんて、私は今まで幸せに生きてきてしまったな、そんなこと間違っていたのに。

私と親しくしてくれる先輩は、今まで無償の愛だと思っていたけれど、それが違うということが分かった。それが無性に悲しかった。

 

散々な一日でもいい事はある。友達と辛い気持ちを分かち合えたこととか、1次試験合格通知がきたこととか。