憂鬱と試し行為

五月病、でしょうか。

説明会やゼミやテストなどの、よっぽどの用事がない限り、ほとんど動けなくなってしまいました。

本命の選考やテストが来月に迫っているので、さすがにまずいと思い、精神科に行って薬をもらいました。

晴れてメンヘラの仲間入りです。はは。

 

将来について考えています。

本当は、もっと前から考えなければならなかったのですが、今になってしまいました。

何も考えていなかった訳ではなかったのです。

2年の時からインターンに行き、3年秋から動き始めるなど、どちらかといえば就活に対しては真面目に取り組んでいたと思います。

ですが、それは表面的なことでした。

「なんとなく厳しそうだから、この業界は嫌」

「転勤は嫌だから、この会社は無し」

このように、目先のことだけで業界を絞り、漫然と勉強をしていました。

 

3月末、ふと気づきます。

 

「私、就職した後のことを全く想像できない」

 

ESには、上っ面だけの「自分の培った能力を使って、人に、企業に貢献したい」と並べ、なんとなく体裁だけ整えていました。

でも、その先のことも、何が出来るかも、どう生きていきたいかも、全く分からなかったのです。

 

私には「軸」がありません。

「何が自分にとって快・不快か」すら、はっきり分かりません。

身体症状となって初めて「ああ、この環境は自分にとって辛いんだな」と自覚するのです。

なので、私はどういう基準で職種を選ぶかも、面接で自分をどう表現するかも、はっきりさせないまま、なんとなくで就活を始めてしまっていたのでした。

 

5月頭、ESの提出ピークと1次選考が落ちついてきた先週頃から、大きく自分が崩れました。

とにかく、不安ばかりが先走り、何も手につけることが出来なくなってしまいました。

そして、現在に至ります。

 

幸い症状はそれほど重くなく、選考にも行けているので、鬱と呼ぶほどではないのだと思います。

しかし、将来のことを考えると「生きていても…」と悲観的になることもあります。

 

そう、去年の失恋もまだ引きずっているんですね。

最近、元彼の近況や、付き合ってる間の彼の本心など、苦しいことを知ってしまいました。

ほんと、人生ままならないなーと思います。笑

 

そして、今彼のこと。

薬は頂いたものの、体調はまだ悪いです。

そして、私のメンヘラが発揮されそうな瞬間がありました。

現在の彼氏に、

「私、鬱なんだ。薬飲み始めたんだ。いつ爆発しちゃうかわからないの、すごくすごく不安なの。ねえ、それでも傍にいてくれる?離さないって約束してくれる?それが嫌なら今すぐ離れるから!!」

みたいなことを、口走る寸前までいってしまいました。

怖いです。

元彼とはこれがトドメで崩壊したのに、また繰り返そうとしました。

今思うとゾッとします。

自分が自分でなくなるような瞬間が、確かにまだ残っています。

 

閑話休題

就活のことです。

私の軸は、本当はあります。

「好きな人に依存していたい、守られて暮らしたい」

です。

いつの時代の一般職かよ、っていう感じです。

その割に、好かれるような器量もなく、他人を信じることができず、恋愛に発展することもほぼなく、運良く付き合えても長く幸せに運営していくことができません。

「専業主婦」は、最も向いていないと自覚しています。

憧れは強いのですが、それでやってけないことは分かっています。

 

そういえば、精神的に参ってる時に就職課の人に「地元に残って、9時5時の仕事をやって家庭を持ちたい」みたいなことを言ったら、めちゃくちゃ怒られました。

「そんな志でどうする!」みたいな。

そして勧められたのが「全国転勤、将来は管理職!深夜まで帰れないよ!」みたいな仕事でした。ただし、やりがいはありそうです。

正論なんですけど、その時は特に自殺企図があったので、ガン泣きして就職課を飛び出してしまいました。(その後謝りました)

 

以上が私の近況です。

あと数日は休めるので、程々に英気を養い、今後のことを考えながら、就活を進めていきたいと思います。

 

広告を非表示にする